FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘却曲線は嘘だ!

夕食後、ちょっと休憩を兼ねちょっと豆知識をwww

みなさんは、「忘却曲線」をご存知でしょか?
20分後には、42%を忘却し、58%を覚えていた。
1時間後には、56%を忘却し、44%を覚えていた。
1日後には、74%を忘却し、26%を覚えていた。
1週間後には、77%を忘却し、23%を覚えていた。
1ヶ月後には、79%を忘却し、21%を覚えていた。
といった、ように物事は非常に忘れやすいといわれています。
だから、反復してこの減少を抑えていこうといわれていますよね?

忘却曲線、またの名をエビングハウスの忘却曲線。
のこ曲線は心理学者のヘルマン・エビングハウスによって導かれたのです。

ところで、その実験方法ってご存知でしょうか?
wikiによると、「音・母音・子音」から成り立つ無意味な音節
(rit, pek, tas, ...etc)を記憶し、その再生率を調べ、この曲線を導いた。


つまり、これは無意味な語句の集まりを覚えた場合のものなのです。

その証拠に、昔の思い出や、ゴロ合わせで覚えたり、何かに関連付けたものは
忘れにくくなっているでしょう?
そして、意味をしっかり把握したものの場合もまた、忘却による知識の減少を抑えることができます。

なので、勉強において、ただ暗記といったものより、ちょっと頭をひねってゴロで覚えたり
しっかり意味を把握しようといった姿勢は大変重要になってくるということです。

数学や物理や化学などの理系科目以外にも
問題が出される以上、何らかの意味や背景があったのでしょうから
そういったことにも目を向けてみるというのも勉強を楽しく、
そして知識を向上させるいい手段なのかもしれませんね♪


と、ちょっと語っちゃいましたねwww
では、私は勉強をします!!!
では、のちほどwww
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。